リケジョを応援 鹿児島鹿大医進

理系で女子高生が大学進学を目指すにはどんな学部が“お得”なのか? 医師の筒井冨美さんのアドバイスを参考にしてください。 その大学を卒業すればどんな資格が得られるか?選んだ仕事は社会的にニーズが高いのか?出産後もキャリア維持をしやすいのか?そういう点を考慮して選ぶべきでしょう。

【医師】

医師を目指す学生は国公立大学医学部医学科私立大学とも高騰し誰でも挑戦すべきとは言えないが、東京大学入学者に女子が占める比率が少ない理由が実は医学部が女子に人気があるからなのですね。

 医師でなくてもリケケジョは文系女子に比べ十分食べていける。 経済協力開発機構(OECD)が各国の大学の女子学生比率を調査したところ(2021・9月公表)日本では自然科学・数学・統計学分野で27%、工学・製造・建築では16%と世界最下位と報道されています。日本における理工系の学生の少なさは長年の課題で、OECDは「男女で著しい差が生じている。女子に理工系に進む夢を与える必要がある」と指摘している。日本の女性の平均寿命は約90歳で70代過ぎまで働く女性も珍しくない。実は私の母親も保健師で定年退職に再雇用で70半ばまで働いていました。

【歯学部】

しばしば歯科医院はコンビニより多いという話を聞きますが、手先の器用な女性にはお勧めです。歯科医師国家試験の合格率も高く20代はしっかり働いて経験を積めば出産後のパートタイムや自宅開業も可能だ。また内科医のように将来的にITや遠隔治療に仕事を奪われるリスクも少ない。鹿児島はやや飽和状態ですが大阪を除く関西方面は歯学部がないため鹿児島大学在籍中から就職が決まっているケースが多いようです。

【薬学部】

化学が得意なリケジョにはお勧めであります。卒業後の新卒就職率が高いものの結婚子育て中に地方工場や海外プラント出頭など「大企業総合職」的な働き方ができるかどうかの疑問はあります。また鹿児島には薬学部がないためどの医療機関も薬剤師不足で70代後半もまだまだ活躍できます。

【看護学部】

看護師免許とは平均的女性にとって「収入を得るための努力」のコスパが最も高いライセンスである。近年では慶應義塾大学・上智大学などに看護系学部が誕生し、今のところ偏差値は50台で60~70台強の他学部よりブランド大合格のハードルは低い。就職は引く手あまたで文系女子が就活に1年以上かかる中、1週間程度でサクッよ決まる。また都内ではワンルーム職場負担、職場内保育所など福利厚生水準も高い。出産後の転職やパート転身も容易で女性が生涯就業可能な代表的職種である。鹿大医進では現役高校生以外に社会人入試もマンツーマンで応援します。

【理学療法士・作業療法士】

看護師と同様にコスパ良好で、これ高齢化社会では安定就業が期待できます。近年ではフリーランスで働く療法士も存在する。仕事と趣味のスポーツを両立したい体育会系リケジョにお勧めです。

【臨床検査技師・臨床工学技士・診療放射線技師】

従来は医療機関において「縁の下の力持ち」的職種だったがコロナ禍で「PCR検査」「ECMO治療」の必要性が脚光を浴びています。「接客より黙々と作業するタイプ」にお勧めであるが最近特に問題になっている女子中学高校生の集団検診などにも女子の技師が尊重される傾向があります。人口の半分は女子なのです。助産師は女性しかなれません。医療系ライセンスを取得すればその後の人生の選択肢も増えます。(リケジョのお勧め筒井冨美医師を引用)