緊急事態でオンラインでのマンツーマン指導開始

鹿児島市は中学・高校と新学期が始まっていますが、ここへきて受講生の「濃厚接触」を保健所から指定されるケースが出てきました。高校3年生はあと4カ月しか残っていないため教室でのマンツーマン指導が保健所・学校から「濃厚接触者」の解除があるまでもちろん鹿大医進(カダイイシン)教室は入室できません。ZOOMでのオンラインマンツーマン指導を開始しました。予め演習問題の課題を出して採点しながら間違い箇所・抜けている知識(案外多くてびっくり)の解説をPCを通じて行いました。受講生が濃厚接触を解除されるまでは緊急手段として行います。これは固定担当講師だからオンラインで授業できますがお互いに学力・能力・癖・弱点・性格などを周知していないと新規の受講生では無理です。スマホやアイパッドくらいの画面では小さすぎてうまく授業ができないそうです。やはり大きめの画面のPCが必要です。なおオンライン指導室は英語のリスニング学習に使用する第二教室から発信していますから個別指導の邪魔にはなりません。なお鹿大医進の講師は全員ワクチン接種を終えておりますが先月は接種を終えていた講師が「濃厚接触」になりこの講師は2週間自宅待機となりました。ワクチン接種と濃厚接触は保健所が判断するので無関係だそうです。なお鹿大医進ではあくまで生の講師による完全1対1の指導のみなので緊急時以外のオンラインでの指導は予定しておりません。受験生の方の室内での部活動やデパ地下・図書館や室内換気の悪い場所への出入りを控えていただくようお願いします。